日本語ENGLISH
  • 押しばね 圧縮コイルばね 高品質のスプリング、自信の技術を提供する幸手スプリング

社長挨拶

私の座右の銘を紹介します。
「苦あれば楽あり」
もの心ついた頃から親不孝を重ねてきた私ですが、働き始めた私に父がかけてくれた言葉です。お陰で難しい大変な仕事を先にこなす習慣ができ、それを繰り返すことで技術が向上、今の幸手スプリングがあると思います。
「仕事があって働けて 食べ物があって食べられて 寝床があって眠られる
このうえ何の不服があろうか この果報者めが」
生まれたときから実家の額に飾ってあった言葉です。高校卒業後すぐに家を離れた私にはこの言葉もまた「苦あれば楽あり」と同様にいつも私の心にあります。苦しいことや辛いことがある度に自分を戒めている言葉です。
母からは「感謝」「誠意」「人のために生きること」を教えてもらいました。
そんな私は
幸手スプリングが
一所懸命努力をして、感謝して、自分を磨き、鍛える場所でありつづけられるように祈りながら日々努力しています。

経営理念

  • 1.私たちは誠をもって真にスプリングを愛し、社会に必要とする製品を創ります
  • 2.私たちは誇りある仕事と自己成長を通じて、地球にやさしい成長発展を図ります
  • 3.私たちは私たち一人一人の能力を合わせ、未来への喜びを創ります

環境方針

株式会社幸手スプリングは、各種精密スプリング製造において、環境マネジメントシステムを確立し、環境汚染の予防と環境保全・負荷低減に努めます。また、定期的な見直しを行う事により、環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。

1. 弊社の活動、製品及びサービスに関わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。

(1)省エネルギー
(2)廃棄物の削減
(3)リサイクルの推進

2. 環境関連法規・条例及びその他同意した要求事項を順守します。

3. この環境方針は従業員に周知するとともに、インターネット上に公開します。

2017年4月1日
株式会社幸手スプリング
代表取締役社長 菅井利幸

沿革

1984年(昭和59年) 有限会社幸手スプリング製作所設立
1991年(平成3年) 株式会社幸手スプリングに組織変更
1996年(平成8年) 茨城県古河市(旧総和町)に移転
1997年(平成9年) 菅井利幸 社長就任
2002年(平成14年) ISO9001:2000認証取得
2003年(平成15年) ファクトリーハブ設立
2005年(平成17年) 日立建機㈱熱処理技術認定
2006年(平成18年) ソニー㈱グリーンパートナー認証
2007年(平成19年) 上海魁新精密機械役員就任
2011年(平成23年) 上海魁新精密機械ばね部門 現地製造開始
2013年(平成25年) 24年度ものづくり補助金 採択
幸手精密五金(昆山)有限公司 中国工場設立
2014年(平成26年) 25年度ものづくり補助金 採択
2015年(平成27年) 26年度ものづくり補助金 採択
ISO14001:2004認証取得